google

Google Search Consoleとは

ホームページを運営する上で必要なこと、それは自分のページのデータ、表示速度、見られ方、見方といったものがあります。

要するに作った本人の意図や目的ではなく、第三者目線での数値を見るということですね。

どんなに素敵なコンテンツ。どんなに素敵なデザイン。そしてページビューなどがあるだけでは、実際にユーザーにどれだけのことが伝わっているのかはわかりません。

例え、何らかの形で収益が出ていたとしても、それよりもっと収益が得られることが出来たかもしれないのです。

Google Search Consoleを利用することでホームページのことをもっと詳しく、緻密に知ることが可能になります。

例えばインデックスのされ方、ページの表示速度。このふたつをしっかりとするだけでも検索エンジンからの流入や、実際に訪れた人の印象も変わるでしょう。しかし、それらは知らないままでいる可能性が大きいです。

Googleの検索エンジンによるクロールは自動で行われます。

非常に機械的であり、プログラムのルール・ルーチンによって動いています。Google Search Consoleの設定で人力でGoogleに伝えることにより、それらの精度をさらにアップさせるという意味合い持っています。
Google Search Consoleでログインや設定をするためには自らがホームページの運営する人であることを証明するために、ホームページにコードを貼り付けます。

Googleはそれをクロールすることで本人と認識します。

本人からの申告、設定となり、Googleとしても更にインデックスを良くしているということなのです。

これらの全てはホームページを運営する人、Googleのクロール、そして何よりもユーザーのために考えられていることです。

一見すると無作為な機械のように感じますが、こうして人の手によって検索結果が少しでも良くなるような努力も出来る。

ホームページを運営する立場であれば、こういった要素についてはしっかりと考えて、理解し、覚えておく必要がありますね。

そしてGoogleではアクセス解析なども見れるようにすることが可能です。Google Search Consoleと合わせることで、更にページを分析、理解し、より良い物に作る上げることができます。

ある程度コンテンツやページが充実してきたら、こういった分野についても勉強することをおすすめします。

Google Analyticsとは

ホームページにアクセスを解析できるGoogleのサービスです。リアルタイムにユーザーの動きを見ることや、OSやブラウザ、どんな端末を利用しているか、どこのページから来ているのか。

どのページでホームページから離れたのかなど細かく見ることが出来ます。

ホームページを作った後、気になるのはどれだけの人に見てもらえたかです。ただ、作るだけでは誰にも伝わりません。

ホームページを作る多くの人は検索エンジンによるクロールを意識します。いわゆるSEOですね。キーワードや文章などをしっかりと取り入れて、インデックスしてもらえるようにします。

そしてただ検索結果に表示されるだけでなく、上位に表示されることに対して努力をします。

逆に、ユーザーとして検索してホームページを見る時は、自分が検索したワードで表示された一番上のページを見るのではと思います。

それは人間の心理であり、当然の結果です。もしかしたら二番目でも見てもらえないかもしれない。そういう考えになることもあるでしょう。

しかし、アクセス解析をきちんと学び、使いこなすことが出来ればそんなに心配することでも、SEO勉強しなきゃ!と気にし過ぎることでもありません。

見られているのがどのページで、どんな言葉が需要があるのか。そして自分が想像していないページが人気があったり、そんな気のなく作ったものがいきなりアクセスが伸びたりする。

アクセス解析をしていくうちに、最初は数字にしか見えなかったものが、人の動きに見えるようになるということです。

数字がほしい、ではなく、見てくれたユーザーに対してどう向き合うか。そして次に見に来たユーザーが他のページも見てくれるように、また自分のホームページに見に来てくれるようにするというのがアクセス解析の楽しいところです。

ある程度慣れてくるとただPVが伸びるだけの内容や文章と、じんわりとずっと見てもらえる文章の違いがわかってきます。それらは実際に自分でコンテンツを作り、確かめていくしかありません。

ユーザーとしては何かを知りたくて、何かが見たくて、何かが聞きたくて、あなたのホームページを見たり、探したりしているのです。

もちろん、退屈しのぎ、ヒマつぶしということもあるでしょう。そして真面目に勉強したくで見てくれている人も内容によってですが必ず存在します。

SEOやアクセス解析はそれ自体が楽しくなってしまいます。しかし、見られるだけのページ作りよりも、感謝されるページ、頼りにされるページなどを作る方が楽しいです。

そして何よりも誰かの為になります。理想的なのは自分の伝えたいことを盛り込みながらSEOもアクセス解析も活かすことですね。

まだご自身のホームページにアクセス解析などを設定していない方であれば簡単な登録とコピペだけで始められますから大変おすすめですよ。

Google Adwordsとは

Googleの検索エンジンを利用していると、そのキーワードの実際の順位とは別で広告が表示されます。それがGoogle Adwordsです。

キーワードやコンテンツの内容などを検索エンジンにクロールされ、そして同じようなコンテンツと比較されることにより順位が決まります。

しかし、コンテンツの最終的な優劣の判断はユーザーとなりますが、Google Adwordsを利用することでそれらよりも画面の上位に表示されるようになる。

これはとても有効な手段であり、費用対効果についてきちんと計算されているサービスなどであればかなり有益です。

無料の検索エンジンに対し、SEO対策などを人費を使うことを考えることと、直接検索エンジンに広告費を出すことのどちらが良いか。それらが判断出来る方であれば、という意味でもあります。

インターネット上だけでサービス展開をしている場合を除けば、SEO対策だけにこだわり、アクセスやPVを追い求めることに時間を費やすのは無駄になる可能性もあります。

きちんとしたSEOを理解している制作会社などに頼み、費用が発生したとしても長い目で見ればそちらの方が時間もお金も損をしません。

個人で独学で、という方も多いでしょう。そういう方でも自分で学ぶことで、どこまで利益が上がるのか?という計算も大事です。全部、無料で作りたい。学んで自分で作業して、利益を浮かしたい。

その時に考えるべきなのは目先のお金ではなく、時間です。

学ぶことに時間を使うということは、その他のことにリアルタイムの時間を割けなくなります。これは物理的にも精神的にもという意味です。

プロに任せるべきところを、ずっと素人が続けていても成果が出ないこともあります。もちろん、成果が出せる人もいます。

しかし、それは例えばフランス料理のフルコースを、プロのシェフが作るのが早いか、料理のりの字もしらない素人が作るのが早いか。そういう意味なのです。

もちろん、プロのシェフも最初は素人です。そう考えれば、学ぶことが必ずしも時間やお金の損ということはありません。大切なのは最初の段階だからこそ良いものを見ることです。

ここまでのお話を見れば、Google Adwordsに対し、お金を払って広告を出す意味というのも少しは理解できるのではと感じます。

そして有名な企業であれば、自らでSEO対策もして、その上でGoogle Adwordsなども利用します。使い分けるのではなく両方使うんですね。そしてそれが最も効果的でもあるということです。

そこまでになると広告が既に収益のサイクルの中に入っているレベルですから、個人ですとか小さなサービスとは違います。

ただ、どのような形でGoogle Adwordsが利用されているかの判断になればと思います。

Google AdSenseとは

企業、個人問わずに利用できるGoogleのアフィリエイト広告です。利用の仕方によってはページやコンテンツの内容に近い広告が表示されるので、クリック率も高くなるとも言えます。

しかし、収益をメリットとするならば、デメリットは何でしょう。

それは広告を出すということですね。コンテンツや記事、何らかのメディアであれば運営をするために収益が必要な場合もあります。

サーバーやドメインだけでなく、ホームページのデザインやコンテンツを充実させるため、運営するためにお金が必要ということですね。

それらは必要経費として存在するものですから、こうしたアフィリエイトを含めて、企業からの広告設置などは必須とも言えます。

それは運営する側の気持ちです。ユーザーからすれば、広告ばかりのホームページは見たいとは思いません。

もちろん、全てのユーザーがそう思うとは断言出来ません。インターネットでホームページを見る。回線や端末は必要ですが、今の時代はどの世代でもアクセスする手段を持っています。

そして無料で見れると思って検索などでページを探している中で、有益なページを見つけたとします。自分の望む内容、自分の好きなもの。ホームページを運営する方が伝えたいことと合致しているとします。

それが、広告一つのためにリピートを失ってしまうということもあるのです。

逆に、広告くらい全然平気というユーザーも存在します。こんなに良い情報を見られたから、例えばアマゾンの広告から何か買おう。興味のある広告があればクリックしてみよう。

それが収益に繋がるということですね。

アフィリエイトでの収益を望む場合、後者の広告が平気というユーザーを取り込む、リピーターとしたいと考える必要もあるということ。言い換えれば必要として、収益となる人のためにコンテンツや記事を充実させる。

これは考え方ですから正しいとか間違っているとかではありませんが、何かを伝える時、伝えたい時にお金という要素はその内容を捻じ曲げてしまうことがあります。

それは作る側も見る側も、という意味なのです。

もっと言いますと、そんなに有益な情報でなくても、広告がなくて、それなりに楽しいホームページを好むユーザーもいるということです。

お金目的なんだなと思われてしまうことをどう取り扱うかはとても大切です。

そして一番のリピーターになるのはファンです。そして読者です。それは好きになってもらうこと。ホームページという本、音楽、映像をユーザーが気に入れば、広告の有無など些細なことであるとも言えます。

アフィリエイトをしたいと考える時、大切なのは後から付いてくる収益を、先に求めないということをぜひ覚えておいてくださいね。