Google Adwordsとは

Googleの検索エンジンを利用していると、そのキーワードの実際の順位とは別で広告が表示されます。それがGoogle Adwordsです。

キーワードやコンテンツの内容などを検索エンジンにクロールされ、そして同じようなコンテンツと比較されることにより順位が決まります。

しかし、コンテンツの最終的な優劣の判断はユーザーとなりますが、Google Adwordsを利用することでそれらよりも画面の上位に表示されるようになる。

これはとても有効な手段であり、費用対効果についてきちんと計算されているサービスなどであればかなり有益です。

無料の検索エンジンに対し、SEO対策などを人費を使うことを考えることと、直接検索エンジンに広告費を出すことのどちらが良いか。それらが判断出来る方であれば、という意味でもあります。

インターネット上だけでサービス展開をしている場合を除けば、SEO対策だけにこだわり、アクセスやPVを追い求めることに時間を費やすのは無駄になる可能性もあります。

きちんとしたSEOを理解している制作会社などに頼み、費用が発生したとしても長い目で見ればそちらの方が時間もお金も損をしません。

個人で独学で、という方も多いでしょう。そういう方でも自分で学ぶことで、どこまで利益が上がるのか?という計算も大事です。全部、無料で作りたい。学んで自分で作業して、利益を浮かしたい。

その時に考えるべきなのは目先のお金ではなく、時間です。

学ぶことに時間を使うということは、その他のことにリアルタイムの時間を割けなくなります。これは物理的にも精神的にもという意味です。

プロに任せるべきところを、ずっと素人が続けていても成果が出ないこともあります。もちろん、成果が出せる人もいます。

しかし、それは例えばフランス料理のフルコースを、プロのシェフが作るのが早いか、料理のりの字もしらない素人が作るのが早いか。そういう意味なのです。

もちろん、プロのシェフも最初は素人です。そう考えれば、学ぶことが必ずしも時間やお金の損ということはありません。大切なのは最初の段階だからこそ良いものを見ることです。

ここまでのお話を見れば、Google Adwordsに対し、お金を払って広告を出す意味というのも少しは理解できるのではと感じます。

そして有名な企業であれば、自らでSEO対策もして、その上でGoogle Adwordsなども利用します。使い分けるのではなく両方使うんですね。そしてそれが最も効果的でもあるということです。

そこまでになると広告が既に収益のサイクルの中に入っているレベルですから、個人ですとか小さなサービスとは違います。

ただ、どのような形でGoogle Adwordsが利用されているかの判断になればと思います。

SNSでもご購読できます。