Google Analyticsとは

ホームページにアクセスを解析できるGoogleのサービスです。リアルタイムにユーザーの動きを見ることや、OSやブラウザ、どんな端末を利用しているか、どこのページから来ているのか。

どのページでホームページから離れたのかなど細かく見ることが出来ます。

ホームページを作った後、気になるのはどれだけの人に見てもらえたかです。ただ、作るだけでは誰にも伝わりません。

ホームページを作る多くの人は検索エンジンによるクロールを意識します。いわゆるSEOですね。キーワードや文章などをしっかりと取り入れて、インデックスしてもらえるようにします。

そしてただ検索結果に表示されるだけでなく、上位に表示されることに対して努力をします。

逆に、ユーザーとして検索してホームページを見る時は、自分が検索したワードで表示された一番上のページを見るのではと思います。

それは人間の心理であり、当然の結果です。もしかしたら二番目でも見てもらえないかもしれない。そういう考えになることもあるでしょう。

しかし、アクセス解析をきちんと学び、使いこなすことが出来ればそんなに心配することでも、SEO勉強しなきゃ!と気にし過ぎることでもありません。

見られているのがどのページで、どんな言葉が需要があるのか。そして自分が想像していないページが人気があったり、そんな気のなく作ったものがいきなりアクセスが伸びたりする。

アクセス解析をしていくうちに、最初は数字にしか見えなかったものが、人の動きに見えるようになるということです。

数字がほしい、ではなく、見てくれたユーザーに対してどう向き合うか。そして次に見に来たユーザーが他のページも見てくれるように、また自分のホームページに見に来てくれるようにするというのがアクセス解析の楽しいところです。

ある程度慣れてくるとただPVが伸びるだけの内容や文章と、じんわりとずっと見てもらえる文章の違いがわかってきます。それらは実際に自分でコンテンツを作り、確かめていくしかありません。

ユーザーとしては何かを知りたくて、何かが見たくて、何かが聞きたくて、あなたのホームページを見たり、探したりしているのです。

もちろん、退屈しのぎ、ヒマつぶしということもあるでしょう。そして真面目に勉強したくで見てくれている人も内容によってですが必ず存在します。

SEOやアクセス解析はそれ自体が楽しくなってしまいます。しかし、見られるだけのページ作りよりも、感謝されるページ、頼りにされるページなどを作る方が楽しいです。

そして何よりも誰かの為になります。理想的なのは自分の伝えたいことを盛り込みながらSEOもアクセス解析も活かすことですね。

まだご自身のホームページにアクセス解析などを設定していない方であれば簡単な登録とコピペだけで始められますから大変おすすめですよ。

SNSでもご購読できます。