Google Search Consoleとは

ホームページを運営する上で必要なこと、それは自分のページのデータ、表示速度、見られ方、見方といったものがあります。

要するに作った本人の意図や目的ではなく、第三者目線での数値を見るということですね。

どんなに素敵なコンテンツ。どんなに素敵なデザイン。そしてページビューなどがあるだけでは、実際にユーザーにどれだけのことが伝わっているのかはわかりません。

例え、何らかの形で収益が出ていたとしても、それよりもっと収益が得られることが出来たかもしれないのです。

Google Search Consoleを利用することでホームページのことをもっと詳しく、緻密に知ることが可能になります。

例えばインデックスのされ方、ページの表示速度。このふたつをしっかりとするだけでも検索エンジンからの流入や、実際に訪れた人の印象も変わるでしょう。しかし、それらは知らないままでいる可能性が大きいです。

Googleの検索エンジンによるクロールは自動で行われます。

非常に機械的であり、プログラムのルール・ルーチンによって動いています。Google Search Consoleの設定で人力でGoogleに伝えることにより、それらの精度をさらにアップさせるという意味合い持っています。
Google Search Consoleでログインや設定をするためには自らがホームページの運営する人であることを証明するために、ホームページにコードを貼り付けます。

Googleはそれをクロールすることで本人と認識します。

本人からの申告、設定となり、Googleとしても更にインデックスを良くしているということなのです。

これらの全てはホームページを運営する人、Googleのクロール、そして何よりもユーザーのために考えられていることです。

一見すると無作為な機械のように感じますが、こうして人の手によって検索結果が少しでも良くなるような努力も出来る。

ホームページを運営する立場であれば、こういった要素についてはしっかりと考えて、理解し、覚えておく必要がありますね。

そしてGoogleではアクセス解析なども見れるようにすることが可能です。Google Search Consoleと合わせることで、更にページを分析、理解し、より良い物に作る上げることができます。

ある程度コンテンツやページが充実してきたら、こういった分野についても勉強することをおすすめします。

SNSでもご購読できます。